塾長あいさつ

この野球塾のモットーは「基礎と基本」の向上です。

せっかく「野球」をはじめるのですからしっかりした基礎を身に着けて上手になってもらいたい。
そのためにも、できるだけ子供のうちに長所を伸ばして、短所は減らす指導を行い、各チームに
帰ってもプラスになる選手を育てたいと 思っています。基礎と基本をしっかり身に付けて 甲子園を
目指し、その後大きな夢を掴めるような選手を育てていきたいと考えています。

塾長:渡部 司

渡部野球塾 コーチ紹介

渡部司 (塾長)

1950年生まれ。宮崎県出身。高鍋高校 から石川島播磨重工を経て、'70年ドラフト 2位で中日に入団。'79年現役引退。選手実績 は10年。

長坂圭一 (顧問兼コーチ)

地域の子供達の野球育成に力を入れています。 やさしく基本を中心におしえます。
「上手な人に見てもらって、早いうちに修正するだけでも良くなりますよ」

豊永隆盛 (コーチ)

1965年に日本初のドラフト会議にて1位指名で中日に入団
1973年に現役引退後スタッフ転向(BP、スコアラー)
2008年に中日ドラゴンズ退団

永谷直起 (ヘッドコーチ)

大同工業高校(現大同工大)卒  外野手
軟式野球地域スポーツアシスタント資格有り。
半田市の小学生のコーチを7年。現在も続行中。

西村宇史 (コーチ)

久留米工大付属高校野球部
県大会ベスト16
中学時代 4番ショート
久留米市長杯優勝

平岩大海 (コーチ)

渡部野球塾 第一期生 
名古屋鉄道株式会社 勤務 
※コーチ見習い兼マネージャー

坂口豪哉 (コーチ)

江の川高校野球部 サード  甲子園ベスト8 東海理化 野球部 選手からコーチとなる。
※塾長と3年間一緒にコーチングを行う

鍋屋 道夫

中日ドラゴンズ OB

松林 和雄

広島カープ OB

SNSでシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加